鹿児島焼酎蔵めぐり『白玉醸造』さんへ

蔵元紹介

鹿児島の南端に位置する『白玉醸造』さんへの訪問。
初めての蔵元訪問は25年前なので、蔵元直送にてお取引を始めてから長いお付き合いになります。

当時はまだカーナビが無くゼンリンの地図を広げながら苦労して蔵元へ辿り着いた事や、鹿児島で出会った方々の温かさに一気に鹿児島ファンになったこと等を懐かしく思い出しながら『白玉醸造』さんへ到着したのは、夕方5時頃でした。焼酎蔵から蔵人の皆さんが帰途に着こうとされている時間です。

到着が遅くなったので今回は挨拶だけをして早々に失礼しよう…と話をしていたのですが、大久保忠氏が事務所に招き入れてくださいました。

焼酎ブームを牽引した逸品の【魔王】その人気は今も健在です。【天誅】【元老院】【彩煌の梅酒】も長年愛飲されているリピーターさんが多数。

いま思い返しても【魔王】の誕生は衝撃的でした。店主も当時その華やかさに驚き、鹿児島まで車を飛ばしたのです。
それもそのはず「芋を感じさせないフルーティで上品な香りとスッキリとしたのどごし」は、芋焼酎のなかではトップクラス。減圧蒸留によりソフトな仕上がりを実現しています。

パーテーションを挟んで双方の近況を語り合い、せっかくなので撮影の瞬間だけマスクを外して写真を撮らせていただきました。
今回訪問して直接お話しできたことで信頼関係が更に増し、とてもありがたく感じています。

蔵元からすぐ近くの海岸で目に入ってきた夕陽。燃えているようで、とても眩しかったです。。